歯科検診・歯周病治療・ブラッシング指導

スライドショー

『歯科検診・ブラッシング指導』

診察室で現在の歯の状態を把握し、歯石除去や歯周ポケットの洗浄・消毒など麻酔下での処置が必要か判断します。
必要なければ、歯磨き指導やアドバイスを行い、次の歯科検診まで時々行います。

歯磨きは嫌がる子も多く、少しずつほめながら、ご褒美をあげながら根気よくすすめていきます。

以前は歯みがきできたのに、口を触られるのが嫌になってきた子は、一度膿んで痛かった歯を治療する事で、再び口を触らせてくれることも多いので、歯石除去後に改めて歯みがきをがんばるのもいいでしょう。

『歯石除去・歯周ポケットの洗浄消毒・抜歯』

歯みがきだけではカバーできない重度な歯周病と判断すると、今後は麻酔下での歯科処置を行います。レントゲン検査で歯根膿瘍が進み抜歯が必要な歯を確認。また、全身麻酔を行うので、血液検査、レントゲン検査、超音波検査を組み合わせその他の臓器に問題がないか確認をします。超音波スケーラーを使って歯石を除去し、歯周ポケットの洗浄消毒、感染がすすみ根尖膿瘍を起こしている歯は抜歯します。

その後は定期的な歯科検診で歯みがきがきちんとできているか、歯肉の炎症はないかなど診ていきます。歯みがきが難しいときは歯科定期検診の前に時々歯みがきアドバイスを受けに来ていただき、一緒にチャレンジしていきましょう。

歯周病

定期的に 当院の患者さま向けの「無料デンタル相談」を開催します。
HPや院内掲示にてお知らせしますので、遠慮なくお問い合わせください。

麻酔下での歯科処置歯石スケーリング(費用)
16,000円〜(5kg未満)(体重により変わります)
(抜歯処置の内容で変わります)